函館・道南圏の日々を伝える!真のジャナリズム
 函館電子新聞 hakodate-e-news.co.jp 核心報道!


 コラム〜時評・解説・視点・論点 2021-No1 

◆◆◆「コロナは空気感染が主たる経路」(感染症の研究者・専門家たが指摘、対策提言)「長い間、空気中にただようウイルスを含む微細な粒子エアロゾル」を吸い込むことで感染する。「マイクロ飛沫」しゃべりすぎ、大声を出すほど空気中に増える無数の飛沫。徹底▼隙間のない不織布マスクの着用▼換気▼手洗いなど。(21.8.28)

◆すでに「コロナ災害」国内1日の感染者数約2万6千人。
コロナに感染したら「入院先がない」何たることか!
今日・21日東京5074人。道内579人、札幌市321人。旭川市65人、函館市9人。
(21.8.21)
「絶対コロナにかからない」という強い意志・行動不可欠。身を守れるのは自分自身。国も病院も頼りにならない。飲食店・ホテルレストランなどでしゃべりまくっている全く「無知」な女ども等はまさに「社会の敵」、徹底排除を。複数の人との接触、特に混み合いには絶対に近寄らない。マスクをしていてもデルタ株は感染する。

<有料・登録サイト/特報・総合ページ>
■函館医師会の本間会長会見 実にけしからん!
ワクチン接種に対する医師会・開業医大半の「責務放棄」に対する謝罪なくして、感染拡大の抜き差しならぬ深刻な事態の今になって通常診療に影響し、言うならば「金儲けができなくなってきた」といったような言い訳だ。
<陽性反応に見舞われた市民・コロナ感染者に対して医師会
全体、開業医・主治医として真摯に向き合え>
  開業医はその地域、地域に根ざし、公的な使命があるハズだ。医師会はその開業医の元締めであり、今回の新型コロナに対しては積極的に役割を果たすことなく、むしろ極めて消極的で重要なトップ組織であることを放棄している。
(21.8.20−21)


<視点>
■アフガニスタンは「まさに帝国の墓場」ロシア(旧ソ連)も米国も介入して大失敗・大けが。かまうことなく放っておけばいい。日本はこれまでに米国の尻に付いて7〜8千億円も支援してきた。どうしようもない「イスラムの国」。アフガンは帝国に見放され、タリバンが今度は中国にカネをもらいに行くー。
新聞・テレビ等マスコミは静かに見守れ。バカ騒ぎするな!

<トランプ(米前大統領)の問題でも、香港の問題でもマスコミが単細胞的にバカ騒ぎするから事態はおかしくなる。(21.8.16-19)

■22日から「オリンピック絡みの」4連休ながら、コロナ感染度重なる急拡大!制御不能、感染爆発へ。(21.7.21-22)
◆20代・30代感染爆発「コロナ五輪」強行。
[コロナに打ち勝った五輪」などと言い放ち五輪政治利用の元凶・悪党 安倍前首相、開会式出席せずとか。馬鹿面さげて出ればいいでしょ(笑)(21.7.22)

■4週間後(7月23日)となった東京オリンピック強行開催へドロドロ状態で突入「玉砕」専門家 強まる再拡大・第5波の兆候。「変異ウイル新型コロナ」五輪直撃確実視!
(21.6.25)

◆菅内閣不信任決議案提出されるも否決。これによって東京オリ・パラ終わったとたんに9月解散、10月上旬総選挙にほぼ確定。
 今年の夏はオリンピック最中の事実上の選挙戦本番入り。
(21.6.15)

<論点>◆立憲民主党、衆院選に向けて消費税引き下げ5%打ち出す。頭が狂っている。後先考えない極めて安易、幼稚な公約。
  民主党政権下、当時の野田内閣が財務省の尻にのり、いい子ぶって消費増税を打ち出し、大惨敗・政権崩壊したことを忘れたのか。5%から10%に戻す時にまたもや大しっぺ返し食らうこと確実。極めて安直に一旦5%にしてしまえば
10%に戻すということは「大増税」になるわけで、リアクションは計り知れなく、政治的に大打撃になること必然だ。
 どうしてこうも考えが浅いのか、呆れかえる。枝野は政治音痴といわざるを得ない。こんな者に首相なんか務まるか。全くアホらしい。きちっとしろ!
 
5%は国民民主や共産、れいわなど言っているが、全く困ったもので、こんな野党だから支持率が上がるはずがない 。子供じみている。付加価値税として日常的に上げ下げしている欧州とは国情が違う。
(21.6.22)

◆函館市民一般は、延長され6月20日まで続けられてきた非常事態宣言に、もう「へきへき」「うんざり」している。ストレス充満、限界にある。
本来、感染拡大・医療崩壊が危機的・爆発的であったのはもっぱら札幌市・道央と旭川市であって
函館市など函館地方はそうでもなかった。新規感染は1日当たり2〜3人、多い日でたまに5〜6人であった。非常事態宣言に組み込まれたが、結果は今もそう変わらない。この間、例外的にどうしたものか森町で数十人のクラスターが発生した程度であった。
 それゆえ今回の非常事態 宣言、道内は札幌市が一番の「ガン」。ロックダウンでも何でもして封じ込め必要なのは札幌市だった。函館などはそれにお付き合いされた。結果は地域経済等大打撃状態に陥り、更なる社会・経済地盤沈下を促進した。
 ようやく20 日で解除になるが、函館市民大多数はもうすでに「うんざりしている」。鈴木道政はこのことをしっかり見るべきだ。鈴木の考え方は甘く、まだまだ幼い。
 コロナ感染はワクチン接種が進んでもなくならない。ゼロはない。インフル程度までは行かないにしてもゼロはなく、一定程度「コロナと共存」しなければならないだろう。まだ若く、知見にも乏しい鈴木知事であり、これらのことをしかと認識すべきだ。札幌一極集中が今日の「札幌コロナ市」の有り様で、知事、国もそうだが、物事の考え方、北海道を札幌中心から断固脱皮しなければならない。鈴木はよそ者、いわゆる「道民」ではない。北海道はよくならないー。
(21.6.17、本誌主幹・河野玄)
◆視点6月16日通常国会・会期末/立憲民主党など野党は内閣不信任決議案を提出すべき!今が解散・総選挙のチャンスとみる。否決でもいいから出すのが得策
東京オリ・パラがどうなろうと、ワクチン接種が進み、コロナ感染拡大が穏やかになり、大型補正などによるバラマキになれば、自民党ペースで与党・自民党断然有利。与党の議席数減少は知れたものになる。
 何がなんでも野党候補一本化を実現すべきで、そうでないと与野党伯仲は幻に終わる。政局センスが問われる。本当にセンスがない。今日の日本に与野党伯仲が必要不可欠で、今の支持率では与野党逆転は到底無理。
 
どんな手を使っても選挙に勝つという気構えがない。下野したときの自民党を見習うべき。
国民民主ぐだぐだ言うなら切れ。共産等は今こそ名前を変える時であり、「野党統一戦線」構想など時代遅れ甚だしい。自己満足を脱すれば、日本の政治に劇的変化を及ぼす
(21.6.10-14、本誌主幹・河野 玄)
●開業医「かかりつけ医」に関して、ワクチン接種する医院とワクチン接種しない医院とでコロナ禍健康維持に明暗患者の命を守るという最低限の覚悟が問われている。接種やらないなど恥ずかしくないのか!
医師会、ほとんどの開業医・医者は守銭奴人種か。
今、最も何よりも大事なことは何か、ワクチン接種だ。
(21.6.1-2)
<直言>■函館市のワクチン接種 予約再開するも、全くと言っていいほど進展せず、WEB予約は30分程で受付終了。電話も全くつながらない始末、3時間も4時間もつながらない。対応最悪、異常だ。単に65歳以上(函館市は9万人もいる)などと先着順にするから殺到する。
 
工夫を凝らし、例えば市民代表による公開くじ引きにした方が公平で混乱しないのでないか。加えて、予約受付・接種は、くじ引きのほか、年代別(90代、80代、75〜、70代、65〜などと) とか、地域別とか、やり方はいろいろある。4〜5千人の田舎でもあるまいし。ただ先着順で殺到・混乱を招くなど、無能、単細胞極まる。頭が完全におかしい。即刻改めろ!(21.5.24午前)

■次は6月7日(月)に予約受付をやるとのこと。やり方を改めなければ殺到、混乱同じことを繰り返す。市長、副市長、保健福祉部長、保健所所長ら幹部は考え方、方策を改めよ。
 
函館市の老齢人口(65歳以上)9万人、ワクチン接種しないという人が例えば3分の1いても、6万人がいることを頭にたたき込め。高齢者ワクチン接種の次には15歳〜64歳(接種は16歳以上)の生産年齢人口13万6千人がワクチン接種を待っている。医療関係者ほかを除いても何万という大勢の市民が待機している。
 
市のコロナ対応・ワクチン対応、やり方に市民は非常に怒っている。医療機関からも強い批判が起きている。どうしてこうも危機対応能力がないのか、度を超している。
(21.5.24-25-26)

◆コロナ緊急事態宣言下、「外出自粛・家に居ろ」の呼びかけをいいことに、「料金が下がる」云々の、大手の代理店・取次店を名乗るバカ電話商法横行。昼夜構わず電話をかけまくる、まさしく悪徳商売。通販等も含めて「コロナ在宅」を狙う悪質電話商売が横行している。

「やらせている「泥棒的」「反社会的」経営者よいい加減にしたらいい。恥を知れ
!「特殊犯罪」であり、暴力団対策同様の取り締まり法律不可欠。(21.5.21)

◆菅内閣支持 急落/朝日新聞 支持33%(前回4月調査40%)・不支持47%(同39%)、共同通信 支持41%・不支持47%〜当たり前だろう。支持する方がどうにかしている。ワクチン接種率2桁も違う断然トップの世界最下位、コロナ対応後手後手、この中で東京五輪やるなどと脳天気なことを言っている
最注目すべきは無党派層の支持51%から16%に大暴落!
(21.5.17)

●政府 当初の見送り方針を撤回し、一転急きょ北海道を緊急事態宣言に決定・発令へ。16日より今月一杯(31日)。何を血迷っている、適切に判断できない菅首相。右往左往こんなことではもうダメだ。下野しろ!

  危機対応能力ゼロ。安倍(前首相)が評価す菅首相など今やろくなものでない。オリンピックも即刻中止宣言すべし!頭がおかしいのではないか。(21.5.14-15)

■札幌など先の桜開花前・大型連休前から感染拡大し、おかしいのに、言わば今日の感染大爆発を「容認」してしまった格好になっている。地元の市長も知事も判断が甘い。先手先手ができない首長・首相(21.5.15)



<直言>ワクチン接種函館でも予約殺到。市も保健所も、医療機関にワクチン接種対応をもっともっと強く要請すべきだし、函館医師会も積極的に受け入れるべきだ。何のための医師会だ。
 
開業医(かかりつけ医院)は1人でも2人でもワクチン接種対応すべきべきではないか。今や全てがワクチン接種にかかっている!歴史的危機・深刻な事態に対する認識が非常に甘い!社会・経済がどうなっているか直視せよ!
「うちは(接種を)やる、うちはやらない」そんなのんきなこと言っている事態か。危機状態こそ真価が問われる!

(21.5.11-12、本誌主幹・河野 玄)

<視点・核心>■激突、非難合戦、いきなり険悪ムード。バイデン政権登場、米中外交トップ会談
相容れるハズがない。今の共産党中国、独裁習近平政権はソ連スターリン政権以来の恐怖政治・最大・最悪のガリガリの共産党政権である。かつてのソ連共産党政権の比ではない。
  なぜなら、日本を筆頭に、欧米が、カネ・カネ・カネのために経済とテクノロジーを無節操に教えてしまい、中国共産党はこれを「国家資本主義」として発展させ、言うなら西側が「共産党バケモノ経済大国」に成長させてしまった。

 ソ連共産党は経済発展に失敗してしまい、崩壊した。経済・技術を孤立化させ、「経済封鎖」の方向に持って行かなければ、中国共産党のやりたい放題になる。
 米国、欧州、日本は西側陣営内で経済発展を図り、中国共産党を、第一に経済を徹底的に孤立化させ、加えて政治・防衛包囲網を敷き、封じ込めることに尽きる。
 経済の相互依存政策は中国を利するだけで、ますます共産党中国を強くし、中国を世界一にすること間違いない。共産党容認・容共中国であっては中国共産党の覇権・野望・躍進を防ぎ切れない。自由・民主主義と、共産・覇権・弾圧・権威・全体主義との戦いであるという強い認識が不可欠と考える。

(21.3.21-22 本誌主幹・河野 玄)

 






 

 直言・眼力 2021-No1

◆菅首相、総裁選出馬せず、退陣!
<<<本誌・本サイトこれまで何度も辞任の可能性大有りと読み、言及してきたことが大的中。事態がここまで来ると、菅ではもう無理。八方塞がり、野垂れ死にを自覚するに至る>>>菅・二階セットで辞めることが自民党政権維持に不可欠ということが現実に。
  政界は安倍・菅時代、2人とも政権投げ出して完全終焉。長すぎたばかばかしい「安定政権」
「説明しない」「逃げまくる」「責任を取らない」「安倍に至っては平気でウソをつく」等々安倍・菅の政治スタイル敗北。withコロナ・ポストコロナの新時代に全く通用せず瓦解。安倍・菅、そして二階、これらの周辺等々と「古くさい政治」というよりも、あまりにも「体質が悪すぎる」
(21.9.3 本誌主幹・河野玄)

◆「解散できる状況でない」菅首相、
9月中頃解散も総裁選先送りも否定/さすがに正気に戻ったか。菅自民党大混乱、政局混沌(9月1日午前)
◆菅首相来週 党役員人事と内閣改造断行し、自民党総裁選(9月17日告示、29日投開票予定)ぶっ飛ばし・先送りして、コロナ緊急事態宣言12日終了後の9月中旬衆院解散か(10月5日公示、17日投開票を検討)〜毎日新聞などの電子版伝える〜
(21.9.1未明※下段に関連記事

◆二階幹事長交代へ。菅首相 総裁選再選に危機感、執行部体制刷新の意向固める。岸田攻勢、形勢不利の流れ阻止で局面を打開、巻き返し図る。(21.8.31)

自民党総裁選9.17告示・9.29投開票/岸田元外相・前政調会長 正式に出馬表明。
「信頼回復のため、党役員に若手を登用し、自民党役員の任期を1期1年、連続3期までとする」などと改革方針を明示。岸田氏には珍しい歯切れのよさ「ニュー岸田」を打ち出した格好で、菅・二階体制との対決姿勢全面に示し、菅再選は不透明との観測強まり、形勢逆転「岸田総裁」誕生の可能性も。菅「超不人気」の中の「自民党政局」俄然おもしろくなってきた。政局混沌!

<有料・登録サイト/特報ニュース総合ページ>

何かもうしゃべり方、口元すらおかしい菅首相「辞めたら」
自民党は菅首相・二階幹事長セットで辞めさせなければならないのではー。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
近くに迫る衆院総選挙が最後の砦だが。歴史に学ばない昔の「民社党」みたいな残屑「1%政党」国民民主党

菅首相地元の横浜市長選/立憲推薦・共産支援の野党共闘候補(元横浜市立大教授・山中竹春氏)が、菅首相全面支援 側近の元国務大臣(国家公安委員長)、現職市長らを破って初当選。18万票差自公完敗。

<<<菅大打撃「不人気際立ち・決定的」、管では10月21日任期満了の衆院選勝てないとなって、菅降ろし本格化しよう。菅首相自ら辞任の可能性も大有りでないか。菅内閣不支持の約半分、無党派層の4割以上が野党共闘候補に投票(マスコミ調査)>>>
(21.8.23未明)

政府・自民党はどうしてもオリンピックを強行したいようだから、スローガンは「コロナと共存 東京五輪」にすればいい。いくら感染拡大しようが、死者が増えようが、これなら納得・賛成しよう。
「コロナに打ち勝った東京五輪」など今や有り様ハズもない。政府・自民のやっていることは所詮「政治利用」「政権保持利用」だ。
(21.6.16)
●「市民の幸せ」とか「健康なマチ」とか云々言っていたのはどこの市長だ。工藤函館市政は今や「失格」「すでに限界」/コロナワクチン高齢者全員接種対応「能なし」で破綻。7月まで完了「できない見通し」となって早くも責任放棄。工藤市長とコロナ接種問題担当函館医師会副会長とケンカとかの有り様。

 くその役にも立たない市会議員も何をしている!市を徹底追求し、どんなことがあってもやらせろ!



■孫正義
(ソフトバンク)も、三木谷(楽天)も、日本の先陣を走る、代表的経営者、オピニオンリーダーが東京五輪開催強行に反対。
「誰が何の権利で強行するのか」(ツイター)、三木谷「開催は自殺行為」(米CNNインタビュー)
 
それに比べて菅内閣のイカレタ内閣官房参与、コロナ感染拡大を「さざ波」とか「屁みたい」と発言。ゴマすりの内閣参与などなぜおく。それこそ高橋某などは「屁みたい」存在、それ以下のクソ野郎だろう。
東大出であろうが、高級官僚であろうが「バカはバカ」。参与ほかにもろくな者しかいない。テレビに出てくる首相秘書上がり等々。年間数千万円の税金を支給。 (21.5.25)

<直言>極めて分かりずらいワクチン接種方法であり、電話・ネットがつなりずらいなど何事だ!
電話回線を50回線でも100回線・200回線でも用意したらどうだ。函館市は職員が何人いると思っている。3千人も4千人もいて何をやっている。

そんなことができないトップ・幹部であるなら辞めてしまえ。頭がおかしいのでないか!
100年に1回あるかないかの深刻な事態。今何よりも一番重要なことはコロナ対応・ワクチン接種だ。ワクチンが予定通り来ないとか何とか理由があるにせよ、指導力・行政運営等能力の無さはひどすぎる。状況は無能力・無用者がどんどん増殖する社会をさらけ出し、この間ウイルスは急速に進化している。

(21.5.18)